file.1598;『 StorM 』


20201031


        当てもなく 寝起き 繰り返して
        その荷下ろし 去れば やがて

        頭の中 浚渫(サラわれたみたいで 道化の言葉さえ
        使命に思えた どうかあなたは見誤らぬよう…

        ストーム 避けられぬ天の意向に背き 彼等は
        私の潔白を信じ 散っていった
        有らぬ罪なんか そう 何処にも無かったのに…


        欠片は あなたが 拾い集めた
        背負う光 人は 捨てて

        ただこれまでの果報に無感動でいただけだった
        私の軌跡は いつの時点で途絶えたのだろう?

        プリーズ 泣き(めないなら一体 神は私に
        何を越えろと? (き先は誰も同じ
        扉を叩くのが 早いか遅いか…だけ


        風向きは読んだ 教わった通り
        まるで記録を消去して歩く人形(ドール
        あなたの背中を今も 私は追っている

        ストーム 避けられぬ天の意向に背き 彼等は
        私の潔白を信じ 散っていった
        有らぬ罪なんか そう 何処にも無かったのに…



Copyright (C) 2020 8186*60 all rights Reserved.