file.1582;『破損』


20191028


        紙の端に列挙した
        規律に(ナラい 左から右へ

        零れ落ちる砂のように
        疑問符は何処かで失くしてきたんだろう
        功績の意味を検索する僕は

        新しくなんてなくてイィ
        遠くまで行ける石を拾って
        特別だと思える自分を形成(ミツケる旅
        無力を嘆かずに済むのなら


        歴史にも残らないくらい
        記憶領域は 不足していて

        誰かの目に映るモノと
        僕の言葉を比べ 優劣を付ける
        演算子の欠片を強く握った

        画面から抜け出せず足掻き
        逃げ出した者を潰し この列を乱す王
        現実は配列の中
        閉じられた意識に支配されて


        隣人に期待なんてしない
        それらは手が届くなら
        奪うことを厭わない拡張子のよう

        新しくなんてなくてイィ
        遠くまで行ける意思を宿して
        特別だと思える自分を形成(ミツケる度
        無力を嘆かずに済むのなら



Copyright (C) 2019 8186*60 all rights Reserved.