file.1117;『包囲』


20100810


   突き刺さるトゲを無視できずにいて、
   そのクセ、他の音を遮断するから自ら閉じ込められてしまう。

   そのコトで泣きたくはないから、
   別のコトで涙を流そうとイロイロなモノを物色する。

   ボクは未だ、生きるコトを望んでいるのだろう。

   ソレは自分の力ではないかもしれないケレド、穴を開けたい。
   道を示す明かりを、目にしたい。



Copyright (C) 2010 8186*60 all rights Reserved.