file.1102;『脳内代理戦争の行方』


20100710


   文字と文学は対立している。

   世界が始まるより前…なんてコトは無いが、
   それでも かなり古い時代からの係争と云える。

   どちらが よりアートとして問い掛けるか?
   どちらが より リテラリスティックか?

   小さなコトで代理戦争が勃発し、
   その間、両者の子「発展」は終戦を待たねばならなかった。


   文字と文学は対立している。

   ほんの些細な差異が、ほんの(イビツ)な愛で、大きく膨らんだ。
   僕らは掛けられた絵が傾ぐのを見守るように、
                     科学が横を追い抜いていくのを見ていた。

   どちらが よりハートに訴えかけるか?
   どちらが より リアリスティックか?

   世界が終わるまでに、この争いは終わるだろうか?
   それらより先に、
         僕らが居なくなる方が早いんじゃないか、って気がする。



Copyright (C) 2010 8186*60 all rights Reserved.