file.1053;『切望プリンダイブ』


20100404


                                          回路は絶縁寸前。
      ショートするのは時間の問題。
         出火前に、一回でイィからプリンに飛び込みたい。
             ヨーグルトじゃなく                         プリンに…だ。

      不導体のボクじゃ、誰にも この気持ちを伝えきれない。
                  だからプリン・ダイブ。
                              今 欲しいのは、あの感覚。
          プリンが欲しい。


      藻掻く度に沈みゆく。
                     ゆるり…
        視界一杯の優しげな黄色。
               ゆるり、ゆるり…
           甘い匂いに安堵。
                          ゆるり、ゆるり…ゆるり
          口に入れたって問題ナイ。
      …ゆるり
                                    プリン・ダイブ。

            誕生日プレゼントに
   プールサイズ・ゼリーを貰った…っていう漫画、あったなぁ。。
                  あんなに大きくなくて良い。
                                   この身体が入りきるぐらい。
                                                                  それでイィ。

                              プリン・ダイブ。
          ボクが欲しいのは、25Mプールより小さめのプリン。
                     ダイブ出来るプリン。

                                           叶うなら、嘲笑(ワラ)われたってイィ。


                                i need my size's pudding.
                                    i do dive to the pudding.
                      my pudding saves me from tiredness.


              how about you?
                         if.. someday, your size's pudding is delivered to.
                   what do you want?

                                                          i will dive to.
                                                                 i will.



Copyright (C) 2010 8186*60 all rights Reserved.