file.856;『カラ』


20090606


        閉じ篭った箱の中は ステキで
        誰にも邪魔されない フラットな世界に見えた
        真っ直ぐに思える感情にも 波があって
        運命にも 機嫌があった
        その場所から遠く離れたトコロで 時計の針が折れて
        誰かの命も 追随するようにポッキリ折れた…

        キズだらけで生きるのと キズ無しに目を閉じるのと――
        どうして好きな方を「選択」できないのだろう?
        (ユガ)んだ思考でも 邪魔をしないで
        立ち塞がるなら この戦いに勝利する術を探すでしょう
        風が吹いただけで泣きそうになっても
        きっと この手で握り潰す咽喉(ノド)は…


        外から誰かが合図してくる
        けれど誰だか分からなくて 居留守を貫いた
        外側に興味なんてなくて
        面倒は遠慮したくて ソレダケだった
        偶然 手に入れたチケットに惹かれ 目を合わさぬように
        フードを目深に(カブ)って出掛けてみたコトもある

        思い入れる程の「価値」を見出せなくて 戸惑う
        どうすれば ナンデモナイ風に過ごせるのだろう…?
        通り過ぎた景色のように 此処は
        沢山の思い出が生き続ける場所で 居心地が良くて
        これまで当然だった凡てのモノが
        当然に在り続けているから…


        閉じ篭った此処は とてもステキで
        誰にも邪魔されない フラットな世界に見えた
        通り過ぎた景色のようで 今も…
        沢山の思い出が生き続ける場所で 居心地が良くて
        これまで当然だった凡てのモノが
        当然に在り続けている『殻』



Copyright (C) 2009 8186*60 all rights Reserved.