file.808;『メイト』


20090505


     この道を戻ったなら 初夏の風 踊る夕暮れ
     明日(アシタ)からは もう誰も きっと泣かないから

     頬を焦がす陽射しが 懐かしくて
     呼ばれもしないのに 訪れた廃墟

     寂しいのは あの記念碑が
     そのまま残ってるから…?

     トリ小屋のあった場所で 偶然の再会
     あの頃の面影が()だ チラリ覗く仕種
     ラムネのカランっ、て音
     懐かしいね なんて笑う
     思い出すのは この場所が
     ()だ「生きて」いた頃のコトばかり


        思い出が消えない ソレは良いコト?
        今も忘れないよ この帰り道で

        直ぐに飽きるのに 取り合った
        キレイな銀の石コロ

        当り前のように 手を振って別れたケド
        あの頃の顔が揃うコトは もうナイんだね
        交換日記も未だ
        半分 白紙のままだよ
        読めないくらい 下手な字が
        懐かしく思えて仕方ないね


           この道を戻ったなら 初夏の風 踊る夕暮れ
           読めないくらい 下手な字が
           懐かしく思えて仕方ないね



Copyright (C) 2009 8186*60 all rights Reserved.