file.796;『碧落(ヘキラク)を装いて』


20090422


      砂霧(サギリ)の奥  鮮やかな蛍桜色(サクライロ)
      爪弾く琴箏(キンソウ)()に  袖の はためき
      夜風(ヨカゼ) (オトナ)いて湖沼の残響

      望月より身を隠し  永久(トコシエ)を願ふ
      栄華に散る牙城  木々に代わりて なお
      花と実を結び 今に至る

      碧落(ヘキラク)を装いて その命、暗雲へと還る



Copyright (C) 2009 8186*60 all rights Reserved.