file.784;『しんでも』


20090328


   あのヒトたちを 助けるコトが出来るのならば
   ボクは 生きていても 死んでいても 構わないのだと思う

   この世界に執着している理由は
   たったソレダケノコトなのだと分かった

   自分の存在に 少し自信が持てた気がする
   目に見えなくても 確信できる【思想】の下に ボクは生まれたのだ



Copyright (C) 2009 8186*60 all rights Reserved.