file.747;『 O 』


20090128


   その袖を握り締め、
   引き摺り出した闇の端で、小さなネズミが鳴いていた。
   思い出せないタイトルだけが、頭に こびり付いた儘。

   ずっとボクは知らなかったのだ…。

   命の限り「誰か」のコトを、
   自分のコトのように思っていられるなら、
   世界は「丸く」なる。


   きっと丸くなる――。



Copyright (C) 2009 8186*60 all rights Reserved.