file.415;『 nearly 』


20070106


        明日(アシタ)を時々、落としてゆく。
        拾い上げてくれたのは、キミでした。

        迷いは、時々 軽いモノで。
        ある程度 聞き流して欲しかったり。

        きっと人生のセンパイ達が思ってルより、
        ボクらは羽根に近い。
        フワリ飛んでゆくその先が、
        別に何処だって、大した問題じゃナイ。

        昨日を時々、失くしかける。
        …例えば、晩御飯のオカズとか。

        どうだろうね? 「何を忘れなきゃイイの?」って…。
        きっと人生のセンパイ達が思ってルより、
        ボクらは羽根に近い。
        フワリ流されてくその先が、
        パラダイスだって、違ったって、イイじゃない。



Copyright (C) 2007 8186*60 all rights Reserved.