file.1574;『ジンセノサイド』


20180415


        切り捨てた自分の命のように
        あなたをココから見送った

        3番目に思い出す光景が
        今もわたしを苦しめる
        温かな手が首を絞める

        眠らないと決めた夜でさえ
        重くなる瞼 呪うように
        枯れ果てることで解放されるなら
        それ以上の光はない…と


        言葉と表情に許しを求め
        欲しいものだけを残しても

        新世界に一つだけ持ってゆく
        そんなものではないのだと
        進むも退くも 待つのは漆黒(ヤ ミ

        晴れた空に ただ波の音が
        反射して滲む 世界はアオ
        共有から拡がる思考も翳り
        手触りを思い出している


        どちらもクロで 重ねた嘘を
        繋げて意味を作り出す
        冴えない自分でも 共感した憶測に

        眠らないと決めた夜でさえ
        重くなる瞼 呪うように
        枯れ果てることで解放されるなら
        それ以上の光はない…と



Copyright (C) 2018 8186*60 all rights Reserved.