file.1572;『カゲフミ』


20180317


        砂に例えて積み上げ
        攫われるまで 待っていた

        命が沈んで
        また浮かび上がるまで
        何に縋っていようか…

        理想に乞われるがままに
        自画像を(エガ)く部屋で
        足元の影は 俯いた数だけ
        其々の目に映るらしいと聞いた


        長い長い雨の道
        跳ね散り 流れた 栄華を

        庇い合う日々よ
        打ちひしがれた虹彩の
        記憶する焦土は

        決して見えない人々の
        面影追って唱えた
        ()に備える為の歴史よ
        妨げになるコトバなら
        消してしまえば良い


        理想に乞われるがままに
        自画像を(エガ)く部屋で
        足元の影は 俯いた数だけ
        其々の目に映るらしいと聞いた
        そう聞いた…



Copyright (C) 2018 8186*60 all rights Reserved.