file.1561;『今日、誰かが泣いた』


20171111


        足元 泥だらけの私
        ずっと冷たいままのレンズ
        あなた映すだけ

        嗚呼 そんな風に
        泣かなくてもイィのに…

        隣り合った憎しみ
        良く出来た脚本(シナリオのよう
        天命でさえ 編集してみせて


        その場所は 世界の果てだと
        倫理の(モリで裁きを受け
        陽射しを(けていた

        そう 優しさには
        棘だらけの石楠花(カ ル ミ ア

        窓のこちら側から
        映画(フィルムを見てるみたいに
        その声は 何処か遠くに聞こえたの


        闇の深さにも
        きっと底はあるのと…

        私は云うでしょう
        時が止まったみたいにね
        あなたが上げる顔を見詰めていたい



Copyright (C) 2017 8186*60 all rights Reserved.