file.1542;『チルオト追憶』


20170330


        明日(アシタ)をこじ開けるなら
        夜明けを告げるのはアナタが良い…と

        生き急ぐ程に
        盲目というスタートを切って
        逆しまに飛び出してゆく

        大切にしてきた世界には 意思などなくて
        ワタシという箱が壊れた今
        存在を示す証跡(モノ)は 何処に…?


        泣くことを()めた朝は
        諦めかけた決意か 絶望か

        感情、記憶、人の思い
        目に見えぬそれらは
        何処にカタチを得るのだろう

        乱雑に並べた命にも 疑いはあり
        伝え聞くところによれば 神は
        その最たるものであるのだ…と


        静寂の追憶の世界に サクラチル音
        枝に触れたのは泪のような…
        遂に解明デキぬ錯綜



Copyright (C) 2017 8186*60 all rights Reserved.