file.1523;『私の血で贖えるのならば』


20161028


        低く垂れこめた 鈍色(ニビイロ)
        光遮り 蒼穹(ア オ)隠す世は

        殊更 大袈裟な触れ込み纏って
        誰彼構わず 傷を付けた

        助けてとは 口に出来ぬ者たちと
        外壁に触れては 冷えゆくこの手が
        今日という一日も閉じること出来ず
        私の血は 空にも届かない


        背水の陣に 立たされた
        人々の影 紅く棚引き

        (クズオ)れ しゃがみ込む絶望の淵
        願いは狂気を孕み 明日(ア ス)

      「私なんか」と云うには 足りない程
        欲に取り憑かれただけの渦の中
        泥塗れの その言葉を与えられた
        私の血には 似合いだと(ワラ)


        助けてとは 口に出来ぬ者たちと
        外壁に触れては 冷えゆくこの手が
        今日という一日も閉じること出来ず
        私の血は 空にも届かない

        どうか 私なんかの血で救えるのなら…



Copyright (C) 2016 8186*60 all rights Reserved.