file.1522;『虚空の羽』


20161011


        与えられず 虐げられ
        光より遠きに在りし身で

        君を 疎ましく思った
        過去に遂げられなかった自分が 手を振るから

        空に打ち捨てられた (トモシビ)
        彼の人は 月と呼んだ
        君が広げた その羽に
        この背を預けよう


                    沈まぬよう 打ち続けた
                    あの日の葵は (クサビ)と成り

                    雨の色彩(イロ)問い 降り続く
                    夕暮れ昇る煙でさえ 言葉もないのに

                    花よ 尽きる命に重ねて
                    傾きし 我が心を
                    その(カンバセ)の 落ちるまで
                    どうか守り給え


                                              空に打ち捨てられた (トモシビ)
                                              彼の人は 月と呼んだ
                                              君が広げた その羽に
                                              この背を預けよう



Copyright (C) 2016 8186*60 all rights Reserved.