file.1518;『帰ラズノ光』


20160912


               掴むよう示される蜃気楼
               今は 毎日を終わらせるだけで精一杯

               好むと好まざるとによらず
               悔いては遠ざかり 来光(ヒカリ)背に煙る

               生まれた者を 手折りて()けば
               果ては希釈した感情にさえ溺れ
               問い掛ける以上の答えが必要


                             薙ぎ払うことも出来ない程に
                             そっと 花の枯れ行くが如く ソライロ沈んで

                             認めたくはないと目を閉じた
                             既成の理想にも 思いは宿ると

                             人は捧げる 誇りと共に
                             その胸より掴み出した志を
                             失意に呑まれぬよう 名を呼ばいて



Copyright (C) 2016 8186*60 all rights Reserved.