file.1515;『春雨』


20160901


        仰いだ空は 少し灰色
        振り返れば 海に沈む夕日

        (アカツキ)暮れし 君の歩みは
        向かう輝き 映しながら
        まだ見ぬ声を懐かしく感じた

        人はどちらかを選べと云う
        だけど私は知らない
       「自分らしい」ワタシがいま何処に居るのか


        時計の針は 音もなく振れ
        跪いて 風はその足下(アシモト)

        消えゆくことで 惜しまれるもの
        それらは確かに 失われる
        その共鳴に引き込まれぬように…

        叫び願うこと 姿を変え
        他に類を見ないほど
        激しい春の雨に溶け やがて海へと


        この夢の続き 水面(ミナモ)の底から
        虹を架け 飛び込もう

        叫び願うこと 姿を変え
        他に類を見ないほど
        激しい春の雨に溶け やがて海へと

        まだ見ぬ声を…



Copyright (C) 2016 8186*60 all rights Reserved.