file.1506;『 ivy 』


20160123


        命の証を立てるべき場所
        消えゆく自分を残せる場所

        時雨れてゆく心情
        誰にも 誰にも悟られぬようにと

        この腕に浮かんだ ツタにも似た深いアザ
        ここから春が始まって
        欲っしたモノの為 振るわれる刃
        きっと生き延びるだろう

                 その國は人が人間(ヒト)である場所
                 ただ安息を許される場所

                 移りゆく時代(ナガレ)にも
                 それらを 消せはしない(ケガ)せはしない

                 月夜にホタルなど 数えながら呟くは
                 境界線(サ カ イ)を見失ってなお 折り合う進路(ミ チ)探り
                 零れてしまった 小さきものを弔う


           朝焼けに続く その場所は
           対を成したモノたちで溢れ

           この腕に浮かんだ ツタにも似た深いアザ
           ここから春が始まって
           欲っしたモノの為 振るわれる刃
           きっと生き延びるだろう



Copyright (C) 2016 8186*60 all rights Reserved.