file.1505;『朝月夜』


20160119


        浅瀬に払う(ツユ)
        春夏(ハルナツ)に舞う (アサ)の葉 染めて

        虚ろに闇を目指す()の人を
        つい…と 呼び止めた

        優しさは 答え合せの出来ぬ雲
        虹を掴むかのような輪廻
        陰日向(カゲヒナタ)に 夕風(ユウカゼ)寄せて
        願い満つるは 滅びの唄


        例えるなら落涙(ナミダ)
        私を総べる 言葉そのもの

        悦びに嘆きに 揺れる夜明け
        波間に見守り

        蜻蛉の翅に透かして見えた夕霄(ソラ)
        尽きゆくことから(ノガ)れられず
        時の中に その名 刻みて
        遥か 人智及ばぬ水面(ミナモ)


        語ることなき朝月夜(アサヅクヨ)
        旅立ち 祝い 残夢…

        優しさは 答え合せの出来ぬ雲
        虹を掴むかのような輪廻
        陰日向(カゲヒナタ)に 夕風(ユウカゼ)寄せて
        願い満つるは 滅びの唄



Copyright (C) 2016 8186*60 all rights Reserved.