file.1504;『理想科学』


20160116


        原理に則した 神風の通り道で
        置き去りにした機影が

        充足の月日から 真実 掻き消して
        今 夜明けを呼び覚ます

        科学の擬音が 蒼空(ソラ)をハコに詰め込む
        時間(トキ)河川(カワ)に流した罪人(ツミビト)なぞるように
        最果ての地は 一挿(ヒトサ)しの花さえ
        手折ってしまうのだろうか…


        降り止まぬ雨は 不実から生まれたユメ
        体系から外された

        予言にも似たカケラ
        黄泉路辿る場所に キミは居ない筈なのに

        真偽を天秤(ハカリ)に掛け 到達した淵縁(フチ)
        彩られた体制に積み重なる粒子
        沈む輪郭 アカに染まる人々(ヒト)
        兆しを残せるだろうか…


        科学の擬音が 蒼空(ソラ)をハコに詰め込む
        時間(トキ)河川(カワ)に流した罪人(ツミビト)なぞるように
        最果ての地は 一挿(ヒトサ)しの花さえ
        手折ってしまうのだろうか…



Copyright (C) 2016 8186*60 all rights Reserved.