file.1495;『刻印』


20151116


        キミと出会ったあの頃 ボクはまだ
        昨日をドコかに 落っことしてきたままで

        ダレか一人でいい 確かにトクベツだと
        思って 思われたいと願っていた

        大切に感じる瞬間は いくつも
        キオクの端を通り抜けては消えてく
        どうしてダレも何もなかったかのように
        今日を終わらせて アシタへと飛び込んでくんだろう…?
        タスケテ…


        イタズラに日々を食い潰しながら
        機能をドコかに 落っことしてきたようで

        ボクは下僕(シモベ)になる 陽射しの(アト)に続き
        戻れはしないと 云い聞かせなければ

        なけなしの感情で焼き付けた 数字は
        キオクの橋を渡り切れずに消えてく
        どうしてダレも何もなかったかのように
        今日を終わらせて アシタへと飛び込んでくんだろう…?
        タスケタイ…


        刻んだ筈の シルシは(カス)れて
        ソレは未来の僕の墓石(ボセキ)のよう
        いつでも いつまでも 雨曝(アマザラ)しの…

        大切に感じる瞬間は いくつも
        キオクの端を通り抜けては消えてく
        どうしてダレも何もなかったかのように
        今日を終わらせて アシタへと飛び込んでくんだろう…?
        タスケテ…



Copyright (C) 2015 8186*60 all rights Reserved.