file.1490;『星の源へ』


20150924


        カタチを成して
        影を得る それらとは
        どこか違って見えた

        私の言葉だけが
        (チュウ)に浮いているように

        踏み締めた土の感覚は
        体に伝わって零れてゆき
        詰り凡ては軋む根源(ミナモト)へと
        還りたがっているのだろう


        取り留めもなく
        今は無き痕跡を
        追い掛けては見失い

        辿り着く その場所は
        定めの名の下に消ゆ

        (ソラ)の源に成れたなら
        この星の外側にあるという
        時の歯車を回す素粒子の
        一つに出会えるだろうか


        踏み締めた土の感覚は
        体に伝わって零れてゆき
        詰り凡ては軋む根源(ミナモト)へと
        還りたがっているのだろう



Copyright (C) 2015 8186*60 all rights Reserved.