file.1489;『 R.I.P. 』


20150824


                    肺に黒く溜まってゆく 澱んだタマシイ
                    リセット出来る失意などなく

                    朝が来るのを
                    ただひたすら待つだけ

                    私のトナリに座ってソレは
                    呼吸の残響に 気配は絶え間なく
                    閉ざされた空間の中 Requiescat in Pace(レクィエスカト ・ イン ・ パーケ)



        痛みの示す(イニシエ)の術に刻まれた
        風は()む兆しもないままに

        茜の空へ
        届かぬ手の虚しさ

        例え消えかけた炎のように
        最後の一瞬(トキ) 写し取るだけだとしても
        頑なに守り続けて Requiescat in Pace(レクィエスカト ・ イン ・ パーケ)


              私のトナリに座って ソレは
              呼吸の残響に 気配は絶え間なく
              閉ざされた空間の中 Requiescat in Pace(レクィエスカト ・ イン ・ パーケ)
              傷付かぬ世界へ…



Copyright (C) 2015 8186*60 all rights Reserved.