file.1487;『不束ヴェリテ』


20150808


        生き()きて 道 誤り
        (ツイ)を模しては

        鏡のようである その者を
        疎ましく思う日もあり

        人には ヒト其々の正義があり
        その手の先 繋がれた信念の捕虜
        時は還る 結びへと
        灯火 尽きるが先か
        眠りは 春を迎える前に…


        刻々と 移ろう四季
        今際(イマワ)の際も

        寄り添いし孤独に罪はなし
        黄泉路の供に迎えよ、と

        人には ヒト其々の正義があり
        その手の先 繋がれた信念の捕虜
        時は還る 結びへと
        灯火 尽きるが先か
        眠りは 春を迎える前に…


        昏き冬は 旅人を
        死期の扉へ(イザナ)いて
        離れゆく手を その名を――

        人には ヒト其々の正義があり
        その手の先 繋がれた信念の捕虜
        時は還る 結びへと
        灯火 尽きるが先か
        眠りは 春を迎える前に…



Copyright (C) 2015 8186*60 all rights Reserved.