file.1486;『銀の河』


20150801


        手を離してしまえば 空は
        遙か一続きの 銀河となり

        超えられぬ時の先で
        失われたものの末路を知る

        この糸を断ちて 雨を受け
        逆らえぬ意思は 人を
        散りゆく花に(タト)えた


        短き命でさえ 夜は
        果て無き暗闇で 迎えながら

        置き去りの鼓動ひとつ
        傍に聴くことも 許されず()

        弔いの華は 灯火を
        掲げ (ツガ)う鳥たちに
        尽きせぬ思い出 語り


        この糸を断ちて 雨を受け
        逆らえぬ意思は 人を
        散りゆく花に(タト)えた



Copyright (C) 2015 8186*60 all rights Reserved.