file.1485;『深化(シンカ)


20150726


        この空は キズの深さを映し
        月は 人の孤独を背負い

        逆転の朝が還る場所は
        カタチなき 見えざる奈落

        与えられることさえ今は 戯言(ザレゴト) 模して
        別れ際 殺めた言ノ葉 散らし
        (ウソブ)く春を眺める 形代(カタシロ)


        失いて それに気付かず()くは
        日々を 招くように蝕み

        空蝉の儚きを嘆きて
        時の渦 残せし祝詞(ノリト)

        現れた水平を保ち (ユガ)(タダ)せば
        禍津日(マガツヒ)さえ清め (ミソ)ぐ言ノ葉
        宿せし光 紡ぎて 雪路 染め


        与えられることさえ今は 戯言(ザレゴト) 模して
        別れ際 殺めた言ノ葉 散らし
        (ウソブ)く春を眺める 形代(カタシロ)



Copyright (C) 2015 8186*60 all rights Reserved.