file.1477;『 sonic emotion 』


20150609


     影を踏んでは一人 また一人 消えてゆく
     残された 月明かりの静寂(シジマ)

     価値を持たぬ 孤独の依代 佇む
     光は 耳に届くより速く

     遥かに尊きものは(ユメ)と消え
     朽ち果てては時間(トキ)の流れに
     西風は 便りを記憶に届け
     彼らの声はもう 未来の扉の向こうに…


                    足早に去ってゆく 遅すぎた再生が
                    飛び飛びに 繰り返す朝と夜

                    伝わらない 消えてしまう そんな日々は
                    それでも 掛け替えない音の渦

                    私の知らない一つの理由が
                    世界の何処かにアルことを
                    サヨナラが 誰の為のモノなのか
                    それらは此処に来て やっとその姿を見せた…


                                   遥かに尊きものは(ユメ)と消え
                                   朽ち果てては時間(トキ)の流れに
                                   西風は 便りを記憶に届け
                                   彼らの声はもう 未来の扉の向こうに…



Copyright (C) 2015 8186*60 all rights Reserved.