file.1475;『冠雪』


20150515


        赤と(クレナイ) その狭間にて
        生まれし色は 潮風 宿し

        明けぬ心を 攫えと願い
        一片(ヒトヒラ) 名を呼ばうとすれば

        初雪の()に向かう思いが
        緑萌ゆ記憶 辿りて…
        いつか見た夕凪の丘の先
        星の咲く水面(ミナモ)に還りたいと


        一人一人が 歩みゆく道
        その先で待つ 未来を目指し

        安らぎ響く 星降る街は
        確かに きっとあるのでしょう

        忘れ去られた雪の名残は
        春を迎える為に消え
        誰の記憶にも残らないまま
        それで良いのだと目を閉じて()


        仰ぐ空は まるで閉ざされた海
        箱の中で揺蕩う ホタルのように

        初雪の()に向かう思いが
        緑萌ゆ記憶 辿りて…
        いつか見た夕凪の丘の先
        星の咲く水面(ミナモ)に還りたいと



Copyright (C) 2015 8186*60 all rights Reserved.