file.1468;『僕と君と神』


20150301


        翳りゆく ヒカリ溢れた その心は
        幼き日の色とは 少し違って

        くすんでしまった 子どものワガママから
        止め処ない 優しさへと 手を伸ばし飛び立つ

        輝きに憧れ続けた その奇跡は
        温かな 居場所と云う道の上に築かれ
        いつか空へ還さなきゃイケナイモノ
        分かっているのに 君の 手を握ったまま


        伝えたい こんなにも孤独な水槽(セカイ)
        閉ざされた水の中 溺れていても

        手と手を重ねて 硝子(ガラス)越しに 出逢った
        通じ合う 時を超えて 扉は(ヒラ)かれた

        明日(アシタ)が晴れるなら それは素敵なコトで
        (ノボ)ってく坂道の先に 待っている景色
        僕じゃなきゃイケナイ理由を教えて
        神様じゃなくて 僕は 君を選ぶから…


        輝きに憧れ続けた その奇跡は
        温かな 居場所と云う道の上に築かれ
        いつか空へ還さなきゃイケナイモノ
        分かっているのに 君の 手を握ったまま



Copyright (C) 2015 8186*60 all rights Reserved.