file.1466;『蜻蛉(カゲロウ)の灰』


20150221


        贖い忘れたことの償いに
        その涙へ そっと別れを告げる

        言葉もなく見詰めるだけの 手紙
        やがて空に 月が昇り それでも

        届く筈のない 叫びが今でも
        忘れない 想いを (イダ)いているから
        あなたの為に…と貫いた凡てが
        自身(ワタシ)すら 欺いていたことも知らず


        ソレは蠱毒に積もる雪のようで
        儚さにも 容赦なく死を与え

        辿り着く岸は 彼岸へと渡る
        (カラ)のままの 笹舟さえ 呑み込み

        想い忘れていた 呪いが(ニワ)かに
        膨れゆく 醜さ (カタド)る世界で
        あなたの為に…と貫いた凡てが
        自身(ワタシ)すら 欺いていたことも知らず


        あなたの為に…と貫いた凡てが
        自身(ワタシ)すら 欺いて旅立つ蜻蛉(カゲロウ)
        時の中 この手に(ハネ)を残して…



Copyright (C) 2015 8186*60 all rights Reserved.