file.1463;『タダシキモノ』


20150131


        愛の無い箱が この場所で
        必要とされる日が来るというなら――


        ワタシを踏み越えてゆくもの
        それらが 世界のタダシキモノとして
        陽射しに守られることを願う

        片付けられぬ思いだけが
        この鏡の中で 繰り返されるから

        愛の無い箱が この場所で
        必要とされる日が来るというなら
        お仕舞いを巻き戻して
        願いを ただ言葉に… 許されるなら


        旅路の果てを見詰める神
        好かれと 優位(ウエ)を目指す子供らは ただ
        理由に目を瞑ったまま震え

        嘆きと弱さが この箱を
        満たしてく現実 月は昇るけれど

        愛の無い 空虚(カラ)の私には
        その気持ちが いつになっても分からず
        理解したくて痛みに
        触れてみた でも謎はナゾでしかなく


        愛の無い箱が この場所で
        必要とされる日が来るというなら
        お仕舞いを巻き戻して
        願いを ただ言葉に… 許されるなら



Copyright (C) 2015 8186*60 all rights Reserved.