file.1461;『朝露の欠片』


20150124


        重なる星と星の キラメキに
        道 外れ 遠き導き 背にした

        何かを望むには 少し遅過ぎると
        刻む往時(オウジ) (ツイ)の住処と

        数え方の違い 思い知る時
        それが 最後の答えだと分かれば
        長い闇に 終わりを告げ
        ヒカリに向かうなら 遥か灯 吹き消して


                       見失った君への 想いには
                       (チリバ)めた筈の記憶が 確かに

                       手折る枝先 (ホコロ)ぶ前の蕾は
                       一片(ヒトヒラ)となる泡沫の

                       朝露受けし星の欠片は 空
                       やがて白く染め 陽炎の扉
                       (ヒラ)いて去る定めを知り
                       (タワ)む枝のように 昨日の空へと流れた



Copyright (C) 2015 8186*60 all rights Reserved.