file.1459;『 innocent orange 』


20150102


        鍵を握り締めては 夕刻の
        静けさを感じながら

        ただ一つ 願いの欠片 仕舞い込み
        (トキ)を待つは 千の人々(ヒト)との別れ

        あの日 泣きながら祈ったのは
        こんな結末じゃなかったのに
        今日は終わる 望む朝は来ず
        どうか希望にだけは 自由を


        求めるは その姿 儚くも
        伸びた影を踏む日々は

        四季 巡り 取り残される ひとりきり
        数えられぬ 「ふたつ」という数だけ

        焼けた記憶の片隅で ほら
        私は今もあなたを慕い
        折れた櫛の歯にも 似た心
        いつか燃やしてしまうでしょうか


        (トキ)()めて ただ一人を待つのは…

        あの日 泣きながら祈ったのは
        こんな結末じゃなかったのに
        今日は終わる 望む朝は来ず
        どうか希望にだけは 自由を――



Copyright (C) 2015 8186*60 all rights Reserved.