file.1456;『鈴の鳴る方へ』


20141231


        途切れた筈の道に 落とした
        鈴の鳴る音が聞こえて 駆け出し

        諦めては お仕舞いだと
        その声が導く虚空へと

        夢は直ぐに 歩みを止めて散る 小さな欠片
        空に架かる 虹を掴む日まで
        何一つ投げることなく


        カゲロウの作り出す 束の間
        記憶に温かな希望 満ちれば

        与えられた この場所から
        始まった雨が上がるでしょう

        時の狭間 動くことのないヒカリが佇み
        いつか気付く それは失われた
        私のココロだと知れば


        鈴の鳴る季節 追って――

        夢は直ぐに 歩みを止めて散る 小さな欠片
        空に架かる 虹を掴む日まで
        何一つ投げることなく



Copyright (C) 2014 8186*60 all rights Reserved.