file.1452;『 frontier summer 』


20141207


        ただ傍に居ただけの キミの姿
        見失わぬように見送っていた

        語り掛けることも 少なくなって
        今は 僕の記憶の箱の中

        沈む夕陽に重ねてみたけれど
        ソレは また朝になれば昇ってきて
        涸れた筈の涙が 零れ落ちた…


        冷え切った寒空の その下では
        幼い夏の頃が懐かしくなり

        手の平に()けてく 色を失くした
        雪は 一体 何処へと行くのだろう?

        翳る空 見上げれば 雲は高く
        目の前の 悲しみから守るように
        明日(アシタ)の雨を暗示するみたいに


        僕の初めての宝物
        新しい世界を導く 白い雲を

        沈む夕陽に重ねてみたけれど
        ソレは また朝になれば昇ってきて

        消した筈の笑顔を 思い出した……



Copyright (C) 2014 8186*60 all rights Reserved.