file.1451;『玉兎(ギョクト)』  ※映画をご覧になった方限定で作曲受付け中


20141115


        下弦の月が ソラ高く昇る頃
        焼き付いたキオクの カギを握り締めた

        時間(トキ)を動かしている その歯車は
        草臥(クタビ)れた陽炎(カゲロウ)の向こうへと消えて…

        静けさの中に 聴こえくる声は
        やわらかな月の光のように
        これからアナタが 何処へ行こうとも
        私は決して アナタを忘れはしない


             他人という名詞(コトバ)が突き放すように
             小さくて果敢無い花は 手折られてく

             呼吸(イキ)を止めてみれば 耳鳴りがする
             失うことは いつも 難しくはない

             静けさの中に 聴こえくる声は
             やわらかな月の光のように
             これからアナタが 何処へ行こうとも
             私は決して アナタを忘れはしない


                  このソラの何処か 続きがあるなら
                  もう一度 優しい声 待ちたい
                  いつでも ココロのスミ 空けています
                  見上げる度 浮かぶ あのヒカリのように



Copyright (C) 2014 8186*60 all rights Reserved.