file.1449;『三千世界』


20141110


        仰ぐ風に 季節は止まぬ
        灰のように 降りし一片(ヒトヒラ)

        隠れし月の 雲間に一つ
        散華の如く 星は流れ

        紅葉(モミジ)千歳(チトセ) 集いて(メグ)
        いろは 唄えば 萌ゆる()の葉に
        (ツイ)()しては 夕染めの空
        ()くも哀しき 定めと知れば…


        発ちぬ夢は 畏れを摘みて
        三千という 世界 見渡す

        その楽土には 凡てがアルと
        信じて眠り 臨む明日(アス)

        (モミジ)智と瀬(チ  セ) 集いて(メグ)
        彩翅(イロハ) (ウタ)えば 萌ゆる()の葉に
        (ツイ)を模しては 夕染めの空
        ()くも悲しき 定めと知れば…


        紅葉(モミジ)千歳(チトセ) 集いて(メグ)
        いろは 唄えば 萌ゆる()の葉に
        (ツイ)()しては 夕染めの空
        ()くも哀しき 定めと知れば…



Copyright (C) 2014 8186*60 all rights Reserved.