file.1446;『途方もなく』


20141018


        窓の外のキラメキは
        既に芽を閉じた夢のよう

        儚く散る…と 耳に届き
        遅い冬の到来 満ちる海鳴り

        伝い落つ雨音に あの日の笑顔は流され
        崩れるカタチもないまま 風に怯え
        寄せては下がり 引いては追いながら
        途方もなく 空に…


        ただ想っていたかった
        その言葉に偽りはなく

        それでも人は 道を歩み
        想いは想いのまま (トド)まりもせず

        手を伸ばした行為に意味を込め 触れてみた朝
        苦しさに気付いた雨は 痛みに折れ
        その身を投げて 大地は慟哭を
        包むように 遥か…


        伝い落つ雨音に あの日の笑顔は流され
        崩れるカタチもないまま 風に怯え
        寄せては下がり 引いては追いながら
        途方もなく 途方もなく 空に…



Copyright (C) 2014 8186*60 all rights Reserved.