file.1444;『 before you sigh 』


20141005


        幾千の輝き あれは山の葬送火(オクリビ)
        季節の数だけ彷徨い 消える存在(モノ) ゆらり

        与えられた姿に 一つ願いを込めて
        例え明日(アシタ) 死んでしまおうとも 君だけは守り抜こうと…

        僕等に出来るのは ハガネ打ち据えることで
        人は (ニワ)かに 思い出を語り
        あの頃の気持ちに背いて 哀しみに(タワ)んでゆく
        いつも この空の向こうで 虹が


        オトナで居るコトは 思うより大変で
        その先を見詰めるだけの 意味はある筈と

        先人の言葉は確かに 正しいもので
        それを諦めるか 取り上げられるまで離さずにいるのか…

        子どもに出来るのは 結局 負けるコトだけ
        僕は 今より オトナに成りたい
        もう二度と大切なモノを 手放さずに済むように
        僕は 今よりオトナに 成りたい


        call me before you sigh..
        僕等に出来るのは ハガネ打ち据えることで
        人は (ニワ)かに 思い出を語り
        あの頃の気持ちに背いて 哀しみに(タワ)んでゆく
        いつも この空の向こうで 虹が



Copyright (C) 2014 8186*60 all rights Reserved.