file.1439;『 Reminder 』


20140823


        ヒトの境界は 白のラインが引かれた
        とても あやふやな区域(エリア)

        限界を思い知る時 個のカタチは崩れてしまう…
        信じていた強さは まやかし
        ずっと寄り添っていたのは 弱さでした

        立ち止まり 光を振り返る
        そこは奈落の一歩手前
        炎から(ノガ)れるか 病みに堕ちるか
        選択の時が来た
        私は一人 黒の天板を見上げる


        人の信頼は 一方通行の押し付け
        誰もが不安 覚える

        臨界の信号を受けて 彼女が目を醒ませば終焉(オワリ)
        悲しみの底を知らぬ影が
        たった今 領域 侵し 手を握る

        ヒトは何故(ナゼ) いつも孤独なのか…?
        引き換えに痛み引き受けて
        鳥籠の鳥は歌う 闇の中でも
        常しえ願う(ウタ)
        新たな答え探して 飛び立つ羽叩(ハバタ)


        立ち止まり 光を振り返る
        そこは奈落の一歩手前
        炎から(ノガ)れるか 病みに堕ちるか
        選択の時が来た
        私は一人 黒の天板を見上げる



Copyright (C) 2014 8186*60 all rights Reserved.