file.1437;『音色』


20140816


        ずっと握り締めてた風 手を離したら
        遠い空に飛び去ってしまうのかな…?

        聴こえてくる
        感情という名の 鮮やかな音
        喜びの溶解炉 悲しみの回路

        編み上げてく 言葉は
        ただ願っているキミの隣
        触れてみたい 昨日の自分に
        その時の覚悟は今も…?


        キミは穏やかな春風 例えるのなら
        目には見えない ケレド確かにココに

        音の違い ソレは色の違い
        変わったようで ホントに変わったのか…
        分からない変化

        研ぎ澄ませば 言葉は
        鋭く尖った(ヤイバ)と成り
        触れるだけで どんな人でも
        傷付けられるモノらしい


        聴こえてくる――

        編み上げてく 言葉は
        ただ願っているキミの隣
        触れてみたい 昨日の自分に
        その時の音色は今も



Copyright (C) 2014 8186*60 all rights Reserved.