file.1435;『 summer scope 』


20140727


        立ち止まれば 他人(ヒト)には
        荒唐無稽に聞こえるかもしれない

        兎を追い掛けて()けば
        トナリには会ったこともないキミが

        挨拶も無しに捕まれた腕を
        振り解きもせず
        どうして この坂道を
        海に向かってるんだろう?
        何かが 胸を締め付ける


        解き明かせば ホドケル…?
        そこまで単純じゃないと知っていて

        大人に成ると決めたのは
      「子どもの限界」 に傷付いたから

        彼らは僕を守ってくれた…ケド
        僕が あの日
        守ろうとした気持ちまでは
        守っては くれないんだと
        目指すべき 背中が見えた


        見覚えのある夕焼けが
        たくさんの星に囲まれて…

        挨拶も無しに捕まれた腕が
        今も()だ痛む
        どうして この坂道は
        キミに向かってるんだろう?
        何かが 胸を締め付けてる



Copyright (C) 2014 8186*60 all rights Reserved.