file.1427;『 key of the lost 』


20140629


        仄暗き時の流れが
        地の底で冷たい眠りに就いても

        見守り続ける者たちは どんな光景も
        凡て その目に焼き付ける

        片足 失って 逃げるコトも出来ず
        明日(アス)は もう一歩 向こうにあり
        手を伸ばせば届く筈の 未来は
        キミが居ないだけで 錠が下りる


        旅人が目にしたモノは
        星の命が尽き始めた前兆(キザシ)

        信じる者と疑う者 其々のカギは
        確かに どちらも正しくて

        言葉 枯れ果てて 償えもせずに
        降り積もる名も無き花の色
        記憶にも残らぬまま 踏み締めた
        共に生きるコトを 誓ったのに…


        片足 失って 逃げるコトも出来ず
        明日(アス)は もう一歩 向こうにあり
        手を伸ばせば届く筈の 未来は
        キミが居ないだけで 錠が下りる

        風は音を運ぶ この地上に…



Copyright (C) 2014 8186*60 all rights Reserved.