file.1420;『 prison of index 』  /  目次物語5「サンディと沼地の王子」イメージソング


20140627


        薄紅(ウスベニ)(テノヒラ)
        雨の中 差し出しても

        嘆き ()むことはなく
        宵闇に (クズオ)れてく

        i'm a prisoner of index. 静まり返る
        永久(トワ)に始まりを知らぬ者
        五月雨(サミダレ)に 此の身 捧げ 空に燃ゆ
        いつの世も 四季に背を向けては生きられぬ囚われ人


        十六夜の月に問う
        鳴り響く 鈴のように

        その罪 忘れ難く
        焼き付いて 離れぬまま

        i'm a prisoner of index. 静まり返る
        永久(トワ)に始まりを知らぬ者
        五月雨(サミダレ)に 此の身 捧げ 空に燃ゆ
        いつの世も 指揮に背を向けては生きられぬ囚われ人


        誰も 匣の中では
        生きられないと()っていて…

        それでも i'm a prisoner of index. 答えを出した
        永久(トワ)に始まりを知らぬまま
        五月雨(サミダレ)に 此の身 捧げ 空に燃ゆ
        いつの世も 四季に背を向けては生きられぬ囚われ人



Copyright (C) 2014 8186*60 all rights Reserved.