file.1413;『さよなら』


20140502


        待ち続けても 意味はない、と
        期待の裏側を見詰めて それでも引き留める

        シアワセの時は瞬く間
        苦くて痛いナミダは消せぬ傷

        その背中 追い掛ける日々は
        切ないセピア色 まるで秋の始まり
        近付く冬が 巡る季節トキ 終わらせるように
        この気持ちも 眠りに就かせてくれるなら


        時々 ダレも信じられず
        塞ぎ込む自分が一人泣いている そんな時

        心配させるくらいなら…と
        作り笑いの笑顔も ウソじゃない

        そう思えるから 続いていた
        一つだけ 確かな想いがあるとすれば
        ただキミの為 涙は見せずに歩きたい
        例えソレが どんな結末を迎えても



Copyright (C) 2014 8186*60 all rights Reserved.