file.1412;『導き星』


20140425


        兆し追い抜いて ソラ見詰めてみる
        足並み揃えることで 気付く痛みは

        夕暮れには 真昼の星のように見えなくなり
        眠りに就くまでの 淡い高鳴りへと姿を変える

        閉ざされた時計が 踏み出すことを決めた その一歩が
        私たちにとって どれだけの前進アユミ
        きっと未だ 誰も知らない未来
        扉の向こうで 今が待ってる
        祈ることも出来るケド… 此処から 微笑んでみよう



Copyright (C) 2014 8186*60 all rights Reserved.