file.1404;『ワンハンドレッド』


20140320


        何も見えないトカ 何かが足りないトカ
        そういうコトじゃなくて
        時々 目の前に広がる景色 凡てが
        無限から取り出された書き割りのように

        感じる君と同じで
        何だか違和感が取り巻いて
        ただ生きるコトが 毎日が
        ただ苦しくて 悔しくて 切ない

        誰より君を「守りたい」と 言葉少なに
        でも伝えたい
        明日アシタまた その笑顔で見詰め返して
        欲しくて
        100のうち 1つで良い
        99を積み重ね 人は扉に辿り着く
        100のうち 1つ目だけ
        叶う夢の優先順位は そんなモノで良い
        そんなモノで良いんだ…と


        初めての約束 守り通した君は
      「誰かの為」を知って
        誰より強く 優しくなってゆくのだろう
        少し離れた場所では 知らない名前で

      「生きてゆくコトは辛く
        選んだり 選ばれなかったり
        喪失感さえ この先の 一つの未来」
        いつからか 聞こえて…

        殻は未だ割れずにあるのに 割れずにあるから
        怖れは生まれ
        拒絶には 否定で対抗してみたり
        するのも
        高鳴りが 手の届かぬ
        痛みを抱き締めていると 気付いた時
        初めて君のコトが 見えた気がした
        言葉を選ばなかったコトで 見失ったから
        今もこの胸の奥に



Copyright (C) 2014 8186*60 all rights Reserved.