file.1399;『 black sky 』


20131221


                    月も出ない夜 惑わされそうになる
                    もう何も要らないと 浅はかな言葉

                    その手が その視線が
                    私を通り過ぎ 誰かのモトへと

                    あれから何もかも見ないフリをしてきたケド
                    何も見えないなんてコトはないから
                    扉を閉ざしても 聞こえてくる声が
                    私の涙を 呼び覚ます
                    私の心に 突き刺さる
                    こんな星も見えない夜に ただ一人 無音を求める



        闇を隠す夜 踏み外しそうになる
        永遠に続いてく 果てのない孤独

        一人で 歩いてきた
        世界を否定する そんな気がしてた

        あれから何もかも見ないフリをしてきたケド
        何も見えないなんてコトはないから
        扉を閉ざしても 聞こえてくる声が
        私の涙を 呼び覚ます
        私の心に 突き刺さる
        こんな星も見えない夜に ただ一人 無音を求める


                                        誰もが求めるのは たった一つの明日アシタ
                                        自分の思い通りに運ぶ世界
                                        扉を開けたなら 聞こえてくるキミの
                                        あの優しい声 あの視線が
                                        私へと向かう時を 待つ
                                        こんな星も見えない夜に ただ一人 無音を求める



Copyright (C) 2013 8186*60 all rights Reserved.